建築レポート | 一戸建 |
アゼリアヒルズ町田

アゼリアヒルズ町田

22.3.20

町田市の眺望良好で閑静な住宅街に、
屋上付きの木造2階建ての建築が始まりました!

こちらの写真は更地になった後、
地盤を強くするために「杭打ち工事」をした後の状態です。

杭の位置は建物の形に合わせてます。
今回の工事では29本の鋼管杭を打ちました!

22.3.28

配筋検査は特に指摘なく、無事通過しました!
こちらの写真は検査中に撮ったものです。

図面通りにキレイに組まれた鉄筋は後に、建物の頑丈な土台になります。

22.4.21

上棟完了しました!
屋根の形も分かるようになってきましたね。

ひな壇の地形を活用して、二階に玄関と水回りが集約されてる物件です。
一階は寝室と書斎など、部屋が多い分建物を支える壁と柱も多くなります。
より丈夫な家になります!

22.5.13

木工事中です。

サッシの下に見えている黒いシートは防水シートです。
防水シートをサッシとボードの間に挟むことで隙間からの浸水を防ぎます!

屋根に貼られている緑のシートは屋根用の防水シートで、ルーフィングと言います。
台風などの雨風が強い時に万が一隙間から雨水が入ったとしても、
このルーフィングが最後の砦として水の侵入を防ぎます!

22.5.29

防水検査無事通過しました。

前回ご紹介した屋根のルーフィングとサッシ周りの防水シートのほか、
壁のボードにも白い防水シート貼りました。

この後防水シートの上に「胴縁」を貼ります。
胴縁という木の棒を挟むことで、サイディングとボードに隙間ができ、
空気の通り道となり、湿気を逃がす構造になっております!

22.6.9

柱と柱の間に敷き詰めている白い資材は断熱材です。
床、壁、天井、すべてにそれぞれの断熱材を詰めています。
完成後見えなくなる部分ですが、快適な住まいにするためにはかかせない作業。
隙間なくしっかり埋めていきます。

22.7.1

石膏ボードが張り終わり、クロス工事が始まりました!

白い部分はパテという、
ボードとボードの境目やビスの凹みを埋める補修材の一種です。
クロスを綺麗に張るための大事なひと手間です!

22.7.11

室内のクロス貼りを終え、本日から設備取付工事が始まりました。

キッチン、トイレなど水回り設備からインターホンや照明器具まで
順を追って設置していきます。

22.7.22

道路と建物を繋ぐ鉄骨架台を取り付けています。
クレーン車で鉄骨を吊り上げ、設計図通りに職人さんが組み立て作業を行います。
間口が広いため、通路だけではなく駐車スペースとしても利用できます。

GOTOP